ホーム > 会社案内 > わたしたちのまち東村山

わたしたちのまち東村山Ourtown

higashi_murayama

自然と歴史が織りなすまち東村山

狭山丘陵のふもとに位置する東村山市は、鎌倉時代には街道が整備され、宿駅・久米川を中心に軍事・経済の要所として栄えた歴史ある街で、現在は豊かな水源を生かして多摩湖(村山貯水地)、東京都水道局浄水場が作られ、都民に貴重な水を提供しています。
トトロのふるさととして有名な八国山や都内唯一の国宝建築物・正福寺地蔵堂等の史跡など自然と歴史が織りなすまちです。
様々な名所がありますが当社の位置する北西部に関するところをいくつかご紹介させていただきます。

北山公園 花菖蒲園

北山公園北山公園は新東京百景のひとつで、豊かな水と緑に囲まれた公園です。
初夏に咲く約170種・10万本あまりのハナショウブが私たちの目を楽しませてくれます。開花時期には菖蒲まつりが開催され、多くの人で賑わいます。
白・薄紫・紫など、さまざまな色の花たちが、あたり一面に広がっており、バッタ、トンボ、オタマジャクシ、アマガエル、ザリガニなども見ることができます。
3月はさくら、5月はカキツバタ、6月はアジサイ、9月は彼岸花など四季折々の花が園内を彩ります。

住所:東村山市野口町4-50-55 [地図を見る]
東村山市商工会-東村山菖蒲まつり公式HP

八国山緑地

八国山北山公園の北側には緑豊かな八国山緑地があります。この八国山は、宮崎駿さんの人気映画「となりのトトロ」で登場する「七国山」のモデルとなったとされている場所です。
標高は190メートルほどの小さな山ですが、かつては上野・下野・常盤・安房・相模・駿河・信濃・甲斐8ヶ国を見渡すことができたことが名前の由来と言われています。
今でも武蔵野の雑木林の面影を残すコナラやエゴノキ、エノキといった緑やシジュウカラやキビタキなどの鳥たちの声は心を癒してくれます。

正福寺 千体地蔵堂

正福寺

臨済宗建長寺派の寺で、境内の地蔵堂は東京都内唯一の国宝建造物です。鎌倉幕府時代、北条時宗が鷹狩りで訪れた際、病になり夢枕に黄衣をまとった地蔵菩薩が現れ丸薬を授けました。これを飲むと病が治り、これから地蔵尊を進行して1278年(弘安元年)に地蔵堂を建てたと伝えられています。
円覚寺舎利殿とともに禅宗様建築の代表的遺構で、昭和9年の改修の際に発見された墨書銘により、室町時代の1407年(応永14)建立とされています。
回堂内には江戸時代の地蔵信仰により、多くの小地蔵尊像が奉納されています。(東村山市商工会より)

元払の板碑 徳蔵寺 板碑保存館

tokuzouji臨済宗大徳寺派で1616年(元和2年)に壁英禅師による中興開山と伝えています。国の重要文化財である元弘の板碑を始めとして多数の板碑や多くの考古・民族資料を収集し、「ちらかし寺」と呼ばれました。「徳蔵寺板碑保存館」として貴重な資料が公開されています。(東村山市商工会より)

住所:東村山市諏訪町1-26 [地図を見る]

野口不動尊 大善院

八坂神社大善院は明治32年に、東村山に同院の名称を移して現在の本堂を建立し、 初代に慈善和尚を迎えて当所に於ける開山しました。後の明治39年に不動明王を安置しさらに境内に高さ7メートルの山を築き唐金製不動明王三十六童子を安置し、 当時毎月の不動尊縁日には門前市をなし参拝者は終日あとを絶ず、 現世利益の代表仏である不動明王の名は四隣に知れわたりました。
さらに境内には七福神や水子地蔵菩薩がまつられており、 恵まれない水子たちの拠り所ともなり水子地蔵尊としても知られています。(天台宗東京教区HPより

八坂神社

府中街道に面し武蔵野天皇と呼ばれるこの神社はスサノオノミコト(牛頭天王)を祀っています。7月14日、15日に近い土曜日・日曜日が例大祭です。神輿や山車・大太鼓が街道をねり歩く 近隣でも有名な祭りです。正福寺の境内に神輿の格納庫の仮宮があり、神仏混淆しんぶつこんこうの名残を感じさせます。(東村山市役所HPより

地域貢献活動

菖蒲まつり

増田コーポレーションでは、北山公園菖蒲苑の花の見頃である、6月の第1土曜日~第3日曜日に、開催される菖蒲まつりに、まちなか観光案内所として、菖蒲苑や正福寺の来場者への案内・トイレの利用の提供等を行っております。期間中は花びら染め体験・お茶席・模擬店などの様々なイベントが行われます。また、数ヶ所の名所旧跡に観光ガイドボランティアを配置し来場者へ、楽しい説明案内を行います。
同時開催の野口町親和会(当社所属商店会)「菖蒲まつりゼール」では、近隣の食べどころ・お買い物どころを案内した割引券付商店街MAPチラシを作成し、東村山西口駅前・菖蒲苑・正福寺にて配布し、割引券を使用して食事、買物をしていただくことができます。
東村山市商工会-東村山菖蒲まつり公式HP

大善院節分会

大善院節分会増田コーポレーションでは、東村山野口不動尊(大善院)の年中行事として毎年2月3日に開催される節分会で、奉納餅つきを行っています。
豆まきやお囃子、模擬店も出店します。
桐山部屋の親方、元小結黒瀬川と同部屋の力士が豆まきに参加します。
(2010年春場所の新番付が発表され、節分会豆まきにも参加した同部屋力士モンゴル出身の德瀬川が、新入幕を果たしました。)
大善院節分会

国宝正福寺の地蔵まつり

地蔵まつり増田コーポレーションでは、 東京都文化財週間に当たる、11月3日文化の日の「国宝正福寺地蔵堂」の一般公開日に合わせて行われる「地蔵まつり」の実行委員会事務局としてお祭りを応援しています。

当山住職による縁起説明、千体地蔵堂保存会を中心に 厄除け小地蔵(市内社会福祉施設にて作成し、堂内にて住職の開眼法要を受けたもの)の有料頒布を行い、また同境内にある八坂神社仮社前に舞台を設置し「東村山市無形民俗文化財 雅楽・浦安の舞」の年に一度の一般公開を行います。
東村山名物店として、正福寺参道にて市内の取れたて野菜・特産品の販売、名物「焼きだんご」や「手打ちうどん」の販売、縁日などが催され例年多くの人で賑わいます。
又、市内在住のガイドボランティアの会場内での正福寺、地蔵堂、貞和の碑、八坂神社の雅楽等の説明も実施しています。

八坂神社例大祭

増田コーポレーションには、毎年7月14日・15日に近い土・日曜日に開催される八坂神社例大祭に野口町4丁目の神酒所(みきしょ)が設置されます。
府中街道に面した八坂神社はスサノオノミコト(牛頭天王)を祀っています。正福寺の境内に神輿の格納庫の仮社があり、神輿や山車・大太鼓がふたつのお社の間を練り歩きます。
2日目(日)、提灯に灯りがともる頃、この野口町4丁目神酒所から神輿が神社に収まるまで、祭りは最高に盛り上がりクライマックスを迎えます。